高気密高断熱の新築住宅床下へエアコンを取付け全部屋床暖房をしたいのページ


TDS田原電気福岡県北九州市近郊での家庭用エアコンの事なら! TDS田原電気はお見積り無料です TDS田原電気電話受付について

エアコンで床暖房の工事例

床下へエアコンを取付け全部屋床暖房をしたい

お客様 よりお問い合わせがあり高気密高断熱の新築住宅床下へエアコンを取付け全部屋床暖房をしたいとの事
お話しお聞きした時は「え~~~」と思いましたが、インターネットで検索してみると施工事例が有るんですね~~~

据付け台の準備

tds-120111-51.jpg

よし何事も勉強と経験と思いお請けする事となり本日から着工です。


今日は室内機取付架台の制作のみです。この様な木工は、楽しいです。
ショートサーキットの対策としてエアコンを75度の傾ける工夫をしています。


配線と仕込み

tds-120111-51.jpg

まずはエアコン専用コンセント配線から


洗面所の分電盤から直接床下へ配線します。

アースの配線も当たり前ですよ~~

床下作業ですので、思うように体が動かず


搬入・配管

tds-120111-51.jpg

いよいよエアコン本体を床下へ搬入して取り付け配管をしたところです。

ダイキンのお掃除ロボット搭載の上級機種 S36MTHXS です。

この室内機の重量が、16kgもあり大きさも大きい為に搬入が、大変でした。


配管引き込み口の加工

tds-120111-51.jpg

基礎に換気口じゃないけど点検口みたいな所がありましたので、

アクリル板を加工してスタイロフォームを12cmも重ねて断熱と気密を保つ工夫をしています。



真空引きと試運転

tds-120111-51.jpg

当然真空ポンプによる真空引き及び配管内部乾燥作業は当たり前の事です。

その後真空維持テストし試運転して引き渡しとなります。


はたして結果の方は???



こだわりの工事をお考えでしたらまずはお電話で、ご相談させて頂きます。
Back_to_top